HOME > 特集 > 福岡発 セブ島ツアーに行く人必見!観光スポット、おすすめホテル、食事にお土産などセブ島現地情報満載!

特集

福岡発 セブ島ツアーに行く人必見!観光スポット、おすすめホテル、食事にお土産などセブ島現地情報満載!

セブ島の基本情報から定番観光名所、交通事情まで、福岡発セブ島を楽しむために知っておきたい情報をぎゅっとまとめました!

福岡発 セブ島ツアー 夢の4泊5日満喫モデルコース

7107もの島々からなるフィリピン。日本からも近く、快適なリゾート地として年々観光客の人気を集めています。
中でも、フィリピンいちの大リゾート地「セブ島」は、マリンスポーツやアイランドホッピングなどのアクティビティを楽しむことができ、アットホームなホテルから高級リゾートホテルまで、さまざまな滞在を楽しむことができる、今一押しのエリアです!リッツインタ―ナショナルでは、セブ島ツアーの中でも福岡発着のツアーを数多く取り揃えています!!

福岡発セブ島ツアーをさがす ツアーのお問い合せ

 

① レートはいくら?物価はどのくらい?チップは必要?
1ペソ=2.6円(2015年9月現在)
通貨はフィリピンペソ。物価は日本より安いものが多く、果物や交通機関などは日本の1/5ほど。リゾート地などでは少し高めに設定されていることもあります。
チップの習慣もあります。レストランなどでは支払の10%程度、ポーターやルームサービスなどには20ペソくらいが基本とされています。大きな額の紙幣はおつりを用意していないお店も多いので、なるべく小さい額に両替しておきましょう。


②ビザは必要?
30日以内の観光の場合は不要。
ただし、フィリピン出国の航空券か乗船券が必要です。
パスポートの残存期間は、入国時6ヶ月以上+滞在日数以上が必要です。※日本国籍の場合


③ベストシーズンは?
乾季の12~5月ごろ
気温は26~30℃ほどで、水温は25~6℃で過ごしやすい気候です。
6~11月の雨季は、一時的にスコールが降ることも多いので折りたたみ傘は必須です。
ただし、一日中降っているいるわけではないので、観光も充分楽しめます!


④日本からの飛行時間は?
セブ島への直行便は成田、関空、名古屋から就航しており、約5~6時間。
福岡発などそれ以外の都市から出発する場合は、マニラ経由や韓国ソウル経由などが就航しています。乗継時間を合わせて7時間~。


⑤時差は?
日本より-1時間。日本が正午の時、フィリピンは1時間遅れの午前11時です。


⑥言語は?
共通語として英語が通じる。
ほとんどの観光地では英語が通じます。公用語はフィリピン語ですが、ビサヤ語、セブアーノ語、タガログ語、イロカノ語など地方によって使われる言語が異なります。


⑦何日滞在が必要?
セブ島旅行のおすすめは3泊4日以上です。福岡発セブ島行の場合、初日と最終日は移動で時間をとられてしまうので、4日の内自由に使えるのは2日のみ。マリンアクティビティや、周辺観光などを考えると、4泊5日以上あっても物足りないことも

福岡発 セブ島ツアーおすすめモデルコース福岡発 セブ島観光付きツアーはこちら




福岡発→セブ島行き航空会社徹底比較!

フィリピン航空…機中泊無しで滞在時間たっぷり!

マニラ乗継で、移動時間が短く機中泊もないので時間を有効に使え、ご家族での旅行やご年配の方におすすめです。
◎往路 福岡発 15:20 → セブ島着 21:15フィリピン航空で行くセブ島ツアーを探す
◎復路 セブ島発 06:55 → 福岡着 14:20
おすすめ日程 3泊4日、4泊5日~

大韓航空…ソウル経由で乗継がラクラク!

経由地ソウルの仁川空港は海外旅行初心者でもラクラク乗継が可能です!
空港の待ち時間にショッピングや韓国フード、マッサージなども楽しめるので、女子旅におすすめ♪
◎往路 福岡発 13:40~15:40 → セブ島着 23:15 大韓航空で行くセブ島ツアーを探す
◎復路 セブ島発 00:45 → 福岡着 09:20(機中泊)
おすすめ日程 2泊4日、3泊5日~

エアプサン…LCC利用でお得に!釜山立ち寄り観光もできる♪

LCC(ローコストキャリア)はお手頃な料金で搭乗が可能!学生旅行や節約したい人におすすめ♪
午前中出発便を使えば、経由地の釜山へ立ち寄り観光もできます♪
◎往路 福岡発  16:10 → セブ島着 00:45(深夜)エアプサンで行くセブ島ツアーを探す
◎復路 セブ島発 01:40 → 福岡着 10:50(機中泊)
おすすめ日程 2泊4日、3泊5日~



一般的に「セブ島」と総称して呼ばれていますが、セブ本島の隣にある「マクタン島」に国際空港があり、その東海岸エリアに、リゾートホテルが軒を連ねています。マクタン島には「ラプラプシティ」という大きな町がありますが、ショッピングなどを楽しみたい場合は、セブシティへ出かけるのがおすすめです。
 


 

 

①タクシー
マクタン島の東海岸一帯のリゾート地までは国際空港から車で20分~30分で行けるホテルが多くあります。タクシーも初乗り30ペソと料金は安いので、空港からホテルや、マクタン島からセブシティに移動するときなどに利用すると便利です。ただし、メーターを使わずに値段交渉をしてくるドライバーも多いので英語に自信のない方はホテル手配の送迎を使うのが◎
※写真はイメージです。

②運転手付レンタカー
ホテルや空港で待機しているので、行先を告げてもしくは時間単位で値段交渉が必要です。


③バンタイプのVハイヤー
10~15人乗りでセブシティ内やセブシティからマクタンなどの移動に利用することが多い。多方面に出ているが、人数が集まるまで出発はしません。行先はバンに書かれているが、不安な場合は運転手に確認したほうがいいでしょう。料金は25ペソ前後から。出発時に運転手や客引きが回収します。エアコンも付いていますが、荷物が大きいと追加料金を取られることも


④ジプニー
市民向けの交通手段で、ジープを改造したような乗り物。市内の決まったルートを巡回していて、車体に行先が書かれているので、行きたい方面のジプニーを見つけたら近寄って呼び止めます。降りたいところで声をかけるか合図をすれば止めてくれます。料金は降りる際に渡します(1区間5ペソ~)。慣れると安くて便利ですが、観光客が乗りこなすのは難しいかも…。(屋根はありますが乗り降りする場所は解放されていてエアコンはありません)※写真はイメージです。


⑤トライシクル
バイクの横に座席を付けた三輪車。料金は交渉性で、乗り合いのためぎゅうぎゅうにつめこまれることも。距離によるが近場であれば2ペソ~。1時間貸切や1日貸切も可能。※写真はイメージです。
⑥その他
レンタルバイクや、ホテルや観光案内所などで手配できる観光バンなども。時間やツアーの内容によって予め金額が決まっていることが多いようです。

 

福岡発 セブ島ツアーをさがす ツアーのお問い合せ

 

 

①リゾートを楽しむ♪
国際空港があるマクタン島の東海岸には、大小さまざまのビーチリゾートが軒を連ねています。セブ島にも市街から離れた自然の中に隠れ家的な高級リゾートが。それぞれのリゾートには、プライベートビーチやプライベートプールがあり、プライベート感たっぷりの優雅でぜいたくな休日を過ごせます。
ご家族旅行には、ウォータースライダーなどのアクティビティ施設が充実した
Jパークアイランドリゾート&ウォーターパークセブ」、カップルやハネムーンなど、とっておきのロマンチックな滞在にしたい方には、隠れ家的なリゾート「プルクラ」、ご両親へのプレゼントや記念旅行など、ホスピタリティあふれる快適な滞在にしたい方には「シャングリ・ラ マクタンリゾート&スパ」など、おすすめのリゾートホテルが満載です。
福岡発 セブ島おすすめホテル情報


②ダイビング・シュノーケリングを楽しむ♪
美しい海に囲まれたフィリピンは世界有数のダイビングスポット。欧米をはじめ世界中のダイバーが集まります。「殿様ダイビング」といって、機材の持ち運びやセッティング、片づけなどをすべてスタッフがやってくれるのがセブスタイル。初めての方でも、体験ダイビングができるので、ぜひセブの美しい海をその目で体感してください。
また、マスク・フィン・シュノーケルをレンタルして気軽に海の中を探索することも。泳ぎに自身のない方はライフジャケットを借りることもできます。大迫力のジンベイザメを間近で見ることができる「ジンベイザメシュノーケリング」も人気です!
 


③アイランドピクニックを楽しむ♪
午前中からセブ島を囲む小さな島々をボートで巡って、ビーチでのんびりすごしたり、サンゴや鮮やかな魚たちを楽しむシュノーケリング、バーベキューランチがついて、半日たっぷり楽しめます。日焼け対策をお忘れなく!!


④ボホール島を楽しむ♪
セブ島から一足伸ばして船で約1時間半、自然と見どころあふれるボホール島へ。1000を超える円錐形の小高い丘が連なるチョコレート・ヒルズや、世界最小と言われる猿の「ターシャ」の保護区など見所がたくさんあります。竹で組んだボートに乗ってロボク川クルーズへ出かけると、大自然に囲まれていただくランチビュッフェと、陽気なライブ演奏などを堪能できます。


 


⑤スパ&マッサージを楽しむ♪
アジアンリゾートといえば定番のスパやマッサージ。「ヒロット」と呼ばれるフィリピンの伝統的なマッサージは、ジャスミンとココナッツから抽出したオイルを使うのが特徴です。優雅なホテルスパで、日ごろの疲れを癒して贅沢お姫様気分を味わってみてはいかがでしょうか。セブシティの街中などにあるスパでは、1時間1,000円~のお手頃な値段で気軽に体験することもできます。


⑥フィリピン料理&デザートを楽しむ♪
豊かな自然に囲まれたフィリピンでは、素材を生かした郷土料理が豊富。東南アジアにありがちな辛い料理は少なく、日本人にも食べやすいマイルドな味付けです。シーフード料理や、豚肉、鶏肉を甘酸っぱく味付けしたものが多いです。コンシェルジュおすすめは「シーシーグ(Sisig)」という豚肉や野菜を細かく切って炒めた料理。ご飯やお酒がすすみます!また、「クリスピーパタ(Crispy Pata)」という豚足のから揚げに似たお料理もボリューム満点でおすすめです!
南国フルーツを使ったデザートも豊富なフィリピン。マンゴー、パパイヤ、マンゴスチン、ランブータン、バナナ、パイナップルなど、市場やスーパーで気軽に手に入るので、冷やしてそのまま食べてもよし。熱い日中、プールやビーチ脇でシンプルにジュースでいただくのもGood!!「ハロハロ」というナタデココやウベ(紅イモ)、豆などを乗っけたかき氷も定番デザート。日本ではなかなか食べられない「ドリアン」を試してみるのもありかも!?
ちなみに現地では「サンミゲル」「サンミゲルライト」というビールが一般的に親しまれています。冷えていないことも多いので、氷を入れたグラスに注ぐのがフィリピン流。


⑦お土産&ショッピングを楽しむ
フィリピンの定番お土産と言えば「ドライマンゴー」や「バナナチップス」などのフルーツスナック。女性にはパパイン酵素入りで美白に効果ありと人気のパパイヤ石鹸がおすすめです。コンシェルジュもフィリピンでまとめ買いして自宅で愛用しています♪
手軽で安価なインスタント袋麺も現地の味を楽しめると人気です。地元のスーパーなどで買うのがおすすめです。
「TANDUAY」というサトウキビを原料にしたラム酒や、ヤシの樹液を発酵させた「ヤシ酒」もお土産に人気です。

福岡発 セブ島ツアーをさがす ツアーのお問い合せ福岡発 セブ島観光付きツアーはこちら

一覧へ戻る

海外ツアー検索

  • 条件で探す
  • キーワードで探す
  • 出発地
  • 目的地
  • 出発日
  • 旅行日数
キーワード
例)台湾 グルメ 格安

もっと詳しい条件で検索

海外ツアー検索

  • 条件で探す
  • キーワードで探す
  • 出発地
  • 目的地
  • 出発日
  • 旅行日数
キーワード

例)台湾 グルメ 格安

お支払いについて

店頭支払い・お振込・クレジットカード決済が可能です。

カード決済手数料0円